日本文化物語

茂呂美耶(Moro Miya)的網站

*

2月の節分/日本二月的節分/撒豆驅鬼(中日文對照)

   

2月の節分

13_min

節分は、四季の最後にあたる冬と最初の季節である春との、ちょうど分かれ目の日で、つまり翌日からは春、新しい四季のスタートである。

その日にちなんで、1年分の邪気をはらい、新しい春の健康と幸福を祈るのが節分の儀式である。この儀式は中国から伝わったもので、奈良時代に宮中で始まり、その後一般化している。

本来節分とは、その名のとおり「季節の分かれ目」である。昔は節分といえば、立春、立夏、立秋、立冬の前日すべてを指した。

現在では立春前の節分だけが行事として残った。

春の節分だけが今に受け継がれているのは、それだけみんなが暖かい春を待ち望んだからだろう。

節分に欠かせないのは豆まき。豆まきの豆は「福豆」といい、生の豆を炒ったもので、豆を炒るの「いる」を、矢を射るの「いる」にかけ、炒った福豆で鬼をやっつける。

鬼とは病気や災害という厄のこと。

15_min

邪悪な病気や災害は鬼門の方角からやってくると思われていた。

豆をまくのはその家の家長、あるいは年男の役目で、豆は豆まきをするときまで三方(神様に食物などを供える白木の台)かますにいれて、神棚に供えておくのが正式な方法、家族全員がそろってから始める。

家の入り口には、焼いたイワシの頭を柊の葉に刺したものを吊るし、イワシの頭の悪臭と柊のトゲで鬼を追い払う。

まいた豆は、各人が年の数だけ食べるという習慣があり、しかし、本当は年の数にプラス1のが正式で、なぜなら旧暦では翌日の立春でひとつ年をとるから。

豆をまいた後、七色太巻きの「恵方まき」を食べる。

恵方まきには福を巻き込むという意味があり、また、まき鮨を鬼の金棒にみたてそれを食べて鬼を退治するという意味も込められている。

具は七福神にちなんで7種類、縁を切らないよう包丁をいれず丸ごと1本食べる。

豆のまき方:

➀ 豆をますに入れて神棚にあげておく。神棚がないときは、塩を盛った皿を一緒に置いておく。

➁ 家族がそろったら豆まき開始。家の一番奥の部屋から始める。

➂ 窓を開け、「鬼は外」と2回豆をまき、鬼が入ってこないように窓や戸をすばやく閉める。

➃ 次は「福は内」と部屋の中に2回まく。

➄ 鬼を追い出すように奥の部屋から順にまいていき、最後は玄関で終了。

➅ マンションの場合は、玄関、ベランダなどの共有スペースの豆はすぐに拾い集めておく。

二月的節分

節分是四季中最後一個季節的冬季與最初一個季節的春季交替的日子,也就是說,第二天開始進入春季,是新四季的起點。

在這天舉行的節分儀式,目的是為了驅除一整年的邪氣,並祈求新的春季能帶來建康與幸福。此儀式源自中國,奈良時代原為宮中儀式,之後才普及民間。

節分的原本意思正如其名,指季節交替的時節。往昔的節分,指的是所有立春、立夏、立秋、立冬的前一天。

現在僅在立春前一天才會進行節分儀式。

只有春季的節分被傳承下來,大概因為大家都迫不及待地等待溫暖春天的來臨吧。

節分那天不可缺少的是撒豆驅邪儀式。撒豆儀式的豆子稱為「福豆」,是一種用生豆炒熟的豆子,炒豆的「炒」發音為「IRU」,射箭的「射」發音也是「IRU」,意思是用炒熟的豆子驅除鬼。

14_min

「鬼」(oni),指的是疾病與災害等不祥事。

往昔的人們認為邪惡疾病與災害來自鬼門方向。

撒豆的人是該家家長或本命年(12、24、36……)的男人,撒豆之前,正式做法是將豆子盛在三方(盛供品等的原色木盤)或小木盒內供於神龕,待家人全部到齊後才開始撒豆。

住家入口處要掛著刺著烤沙丁魚魚頭的柊葉,沙丁魚魚頭的臭味和柊葉刺可以驅鬼。

撒完豆子後,每個人都要吃下與年齡相符的豆子數,不過,真正的年齡是算虛歲,因為用陰曆算的話,第二天立春時便會多一歲。

17_min

撒豆儀式結束後,吃七色粗捲壽司「惠方捲」。

「惠方捲」表示捲著福氣,另外,捲壽司也代表「鬼」的鐵棒,吃「惠方捲」表示可以擊退「鬼」。

「惠方捲」壽司內有意味七福神的七種餡,為了避免切斷緣份,不用刀切,而是整條吃。

16_min

撒豆方式:

① 把豆子盛在小木盒供於神龕前。沒有神龕時,另外放一盤盛鹽的盤子。

② 家人聚齊後開始撒豆。從家中最裡面的房間開始。

③ 打開窗戶,大喊「鬼出去」,撒兩次豆子,之後為了避免「鬼」進來,再迅速關上窗戶和門。

④ 接著大喊「福進來」,在房間內撒兩次。

⑤ 為了趕「鬼」出去,從最裡面的房間開始逐次撒,最後在玄關結束。

⑥ 住公寓的人,在撒完豆子後,要趕快撿拾撒在玄關、陽台等共有空間的豆子。

有關日本二月的節日,更詳細的文章都收錄在《字解日本-十二歲時》中。

 - 歳時記

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

2016 年日本女兒節,雛祭人偶娃娃特輯

3 月 3 日「雛祭」是源自日本平安時代的傳統節目,又稱「桃花節」,是專門給女孩 …

4月の花見/4月的賞花(中日文對照)

4月の花見(4月的賞花) 日本では「花」といえば「サクラ」、「花見」といえばやは …

日本最近的「精靈馬」實在太厲害 連祖先靈都會嚇一跳

(以下圖片均取自日本 Twitter ) 8月是日本的盂蘭盆節,也就是台灣說的「 …

10月の紅葉狩り/十月的紅葉狩(中日文對照)

十月的紅葉狩 由於全國的神於10月都聚集在出雲,這個月眾神都不在,所以稱為「神無 …

正月のしきたり/元旦的慣例(中日文對照)

正月のしきたり お正月は今に伝わる日本伝統行事の中でも最も晴れがましいハレの日で …

6月の衣替え/六月的更衣(中日文對照)

6月の衣替え 6月1日は衣替えの日。 狭義の意味で「衣替え」(ころもがえ)とは学 …

8月のお盆/八月的御盆(中日文對照)

8月のお盆 正式名称は「盂蘭盆会」(うらぼんえ)だが、世間一般では「お盆」(おぼ …

9月の15夜/九月的十五夜(中日文對照)

9月の15夜 「十五夜」は「中秋の名月」と言い、別名「芋名月」とも呼ばれていて、 …

5月端午の節句・五月男兒節(中日文對照)

2016 年,日本人形協會針對家裡有兒子的「武將通媽媽」做了問卷調查,得出「 5 …

3 月 3 日,日本女兒節,雛祭人偶娃娃(中日文對照)

3 月 3 日的女兒節--雛祭,人偶 對日本女孩子來說,「女兒節」是在春季舉行的 …