日本文化物語

茂呂美耶(Moro Miya)的網站

*

日本演員佐野史郎 在小泉八雲出生地希臘舉行作品朗誦會

   

00-015-1.min

在日本明治時代作家小泉八雲(原名拉夫卡迪奧·赫恩)的出生地希臘雷夫卡達島,日本演員佐野史郎和吉他演奏家山本恭司5日舉行了八雲作品現場朗誦會,贏得了觀眾的熱烈掌聲。這兩人出生於八雲居住過的島根縣松江市。

作為紀念八雲逝世110周年的一項活動,這場朗誦會在島內的戶外舞台舉行。為了把八雲的話和對母親的思念帶到雷夫卡達島,佐野手持以「望鄉」為主題的腳本表演,山本配上了音樂。這是八雲作品朗誦會首場海外公演,螢幕上打出了英語和希臘語字幕。

00-015-4

佐野以崇拜八雲聞名,甚至為女兒取名「八雲」。他從2006年起開展八雲作品《怪談》等的朗誦活動,並與同學山本一起在日本全國公演。

當天,八雲的曾孫、家住松江市的小泉凡和希臘的八雲研究者等參加了朗誦會,並以八雲的「開放精神」為主題舉辦研討會。小泉凡在會後說:「八雲具有開放精神,所以能看到事物的本質。現代社會也需要這種看法。」

八雲の故郷ギリシャで朗読ライブ 松江出身の佐野史郎さんら

00-015-2.min

明治の作家小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の生誕地であるギリシャ・レフカダ島で5日、八雲が暮らした松江市出身の俳優佐野史郎さんと、ギタリスト山本恭司さんが八雲作品の朗読ライブを行い、観客から大きな拍手が起きた。

八雲の没後110年記念イベントの一環で、島内の野外ステージで開かれた。八雲が残した言葉や母への思いをレフカダ島に届けたいと、「望郷」をテーマに佐野さんが脚本を手掛け、山本さんが音楽を構成。

2人が同島を訪れたのは今回が初めて。「夕日を見て、松江の宍道湖の夕日と重なった。八雲も宍道湖を、記憶にあるレフカダの風景と重ねていたのでは」と山本さん。佐野さんは、朗読ライブのテーマ「望郷」は「日本でつづった言葉や自分を捨てた母に会えなかった寂しさなど、八雲が生きてきた時間の全てをレフカダに届けたいとの思いで決めた」と説明。

00-015-3

海外での公演は初めてで、英語とギリシャ語の字幕がスクリーンに映し出された。

佐野さんは娘に「八雲」と名付けたほど大ファンで知られる。

2人は「(ライブは)回を重ねるごとに完成度が増してきた。今ではライフワーク」と話し、今回を機に「世界に活動を広げることがあるかもしれない」と意欲を示した。

 - 速報

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  関連記事

福島「相馬野馬追」活動迎來高潮 10歲少女參加

日本福島縣相馬、雙葉地區的傳統活動「相馬野馬追」27日進入最高潮,約4.6萬人來 …

日本廣島縣尾道市 研發新型模具生產「心形檸檬」

在檸檬產量日本第一的廣島縣,坐落於瀨戶內海上的尾道市瀨戶田町生口島正在挑戰生產「 …

長野須阪藝術公園 展示約6000個女兒節人偶

長野縣須阪市的須阪藝術公園正在舉行「三十層裝飾千個女兒節人偶」展。 在公園內的3 …

和歌山舉行「那智火祭」 火把狂舞傾倒遊客

位於日本和歌山縣那智勝浦町的熊野那智大社今年迎來申遺成功10周年。14日,大社舉 …

日本三陸鐵道公開古民宅式車廂內裝

行駛於東日本大地震海嘯災區岩手縣沿岸地區的三陸鐵道公司25日首次對外公開了新引進 …

山梨縣的縣立高中生,嘗試交換男女制服

日本山梨縣富士吉田市的縣立富士北棱高中, 11 日針對志願者學生實施交換制服一天 …

秋田「竿燈節」開幕 夜空的光之稻穗華美壯麗

日本東北地區的夏季特色活動「竿燈節」3日晚在秋田市拉開帷幕。由竹竿吊起的提燈在雄 …

東京站歷經一個世紀歲月洗禮 迎來開業 100 年紀念

日本的中樞車站「東京站」 20 日迎來了開業 100 周年紀念。歷經一個世紀歲月 …

日本皇太子之女愛子小學畢業

日本皇太子夫婦的女兒愛子公主(12歲)18日在父母陪伴下出席了學習院小學的畢業典 …

京都出土4萬枚15世紀銅錢

日本民間發掘調查公司IBISOKU(位於岐阜縣大垣市)等8日發佈消息稱,京都市下 …